リヤド

リヤド州に位置し、サウジアラビアの文化の中心地として知られるリヤドには、訪れるべき素晴らしい場所がたくさんあります。

リヤド 観光

リヤド州に位置し、サウジアラビアの文化の中心地として知られるリヤドには、訪れるべき素晴らしい場所がたくさんあります。

目的地 リヤード州

サウジアラビアの他の都市を探索する

アブハ
アルバハ
コバール
アル・ウラー
ブライダー
ダンマーム
ジーザーン
ジェッダ
ジュバイル
マディーナ
マッカ
ナジュラーン地域
リヤド
タブーク
タイフ
ヤンブー

サウジアラビアの文化首都

リヤドという言葉は、「庭園」または「牧草地」を意味するアラビア語のrawḍahに由来しています。これは、この地域の広大な肥沃さと緑豊かな庭園に関連しています。リヤド市は国の行政上および政治上の首都であるだけでなく、キング アブドゥルアズィーズ歴史センター (国立博物館)のような市内のさまざまな文化センターのために、サウジアラビアの文化の中心地とも呼ばれています。

リヤドは、小さな砂漠の村から高層ビルが建ち並ぶ近代的な都市へと急速に変化しました。 99 階建てのキングダム センターは、街の象徴的なランドマークであり、国内で 5 番目に高い超高層ビルにランクされています。リヤド市はアラビア半島の中心に位置し、歴史的に重要な貿易ルートであり、さまざまな文化と伝統が見事に融合しています。

歴史

リヤドの最初の言及は、アラブの年代記者によって記録されており、1590 年にさかのぼります。この都市は、ヤママ地域のハジルの古代都市の遺跡に設立されました。この場所はかつて貿易キャラバンの震源地でした。もともとは要塞化された村でしたが、17 世紀以降の急速な発展には目を見張るものがあります。それは歴史を支配する王朝の首都としての役割を果たし続け、1932 年に統一サウジアラビア王国が宣言されると、サウジアラビアの首都になりました。

At Turaif は、1818 年までサウジアラビアの本拠地であったリヤドの歴史地区です。King Khalid 国際空港から車でわずか 30 分で、最近、10 億ドル規模のディルイーヤゲート プロジェクトの一環として修復されました。

At Turaif は 2010 年にユネスコの世界遺産リストに追加され、現在At Turaif ユネスコ世界遺産として知られています。アット トゥライフへの訪問者は、近くのアル ブライジ ヘリテージ パークや、世界クラスのレストランやカフェが並ぶブライジ テラスも訪れることができます。ブジャイリ テラス レストランからは、歴史的で美しく復元されたアット トゥライフ地区を見渡すことができます。

地理

リヤドは海抜約600メートルに位置しています。風景の大部分は、ナジド (高地) 地域の高原で構成されています。この地域には、アル・クフ、ジル・アル・イシャール、フワイクなどの山や断崖が含まれていますが、リヤド市を含む地域は、本質的にほぼ平坦です。

都市のレイアウト

リヤドは、新しい居住者、出稼ぎ労働者、および外国人居住者の流入により、大規模な変革を遂げました。スカイラインは、スカイラインを支配するアル ファイサリア タワーキングダム タワーセンターなどのそびえ立つ建物で非常に認識しやすいです。首都であるリヤドには、重要な政府の建物だけでなく、外国大使館や国際機関を収容する独立した外交地区もあります。

この都市は、2 km x 2 km の都市ブロックで構成される整然としたグリッド システムで設計されています。このシステムにより、簡単なアクセスとナビゲーションが可能になります。市内には 4,000 を超えるモスクと多数のショッピング センターがあり、人口の大部分がそれらの近くに住んでいます。新しい キング アブドラ金融地区 (KAFD)も、公共投資基金 (PIF) によって資金提供された印象的なインフラ プロジェクトであり、都市の新しい公共交通システムの中心となる予定の新しいリヤド メトロも同様です。キング アブドラ金融地区には、現在リヤドで最も高い 385 メートルの建物である PIF タワーもあります。

文化生活

街の中心部とそのスークは、街の生命線を形成しています。これらのマーケットプレイスには大勢の人が足を運び、リヤドの観光地と見なされています。地元の伝統に沿って、レクリエーション活動やイベントのほとんどは家族向けです。プライバシーは土地の規範に従って最も重要であるため、隔離が実践されています。それにもかかわらず、さまざまな聴衆向けのイベントやアクティビティもあります。駐在員は、街中で開催される数多くの文化イベントに参加することもでき、リヤドの最高の場所を発見することができます。

リヤドはサウジアラビアの文化の中心地であるだけでなく、2000 年にユネスコはリヤドをアラブ世界遺産の首都として選びました。この都市は、文化の証拠を示すいくつかのセンターで構成されています。キング アブドゥル アジズ センター、国立博物館、アル ヒナディリーヤ。King 'Abd al 'Aziz Historical Center (国立博物館) は、非常に深い知識を提供しており、この都市を訪れる観光客にとって一番の目的地です。

人気のアトラクション

キングダム センターのスカイ ブリッジファイサリア タワーの両方から、街の素晴らしい景色を眺めることができます。スカイ ブリッジにアクセスするには、キングダム センターの 99 階に到達するために 2 つのリフトを利用する必要があります。ここからは、昼も夜も街並みを楽しむことができ、リヤド観光に最適です。

国立博物館とは別に、アル マスマク宮殿博物館ディルイーヤ博物館などの素晴らしい博物館もあります。歴史を学び、砂漠の村の生活を直接見てみたいという訪問者は、ヒストリカル アット トゥライフ地区、ウシャイカー ヘリテージ ビレッジ、ムラッバ ヒストリカル パレスを訪れる必要があります。

リヤド国立動物園も人気の観光スポットです。マラズの中心部に位置するリヤド動物園には、絶滅危惧種を含む 40 種以上の動物が 1,500 頭以上飼育されています。特別なエンターテイメント ポイントを提供する子供向けの楽しい場所である動物園には、レストラン、カフェ、トイレ、さらには礼拝堂もあります。

最後に、リヤドには、 Heet Cave 、Al Bujairi Heritage Park、Jebel Fihrayn などの並外れた自然の驚異もあり、「世界の果て」から息をのむような途切れることのない地平線の景色を眺めることができます。

リヤド